最終回 「インド映画の世界へようこそ!」

0
    わなっかんவணக்கம்!



    1月31日に東京でスタートした【ボンベイドリームス】日本公演は、
    惜しまれつつも2月15日大阪17:00〜の回をもって、無事閉幕となりました。
    大千秋楽に行われた「スペシャルカーテンコール」では、
    アカーシュがスウィーティをまさかの”お姫様だっこ”し、場内を沸かせました
    これぞ最終日に訪れた”真のHappy Endings"だったかもしれません。

    そして何より、私たちインド映画ファンにとっても大千秋楽はハッピーエンドになりました。
    「スペシャルカーテンコール」最後の「シャカラカ・ベイビー」では客席が総立ち!
    しかもほとんどの人が一緒に「シャカラカ♪」を踊るではありませんか!!
    梅田芸術劇場・メインホールは1900席!そのほぼ全員がインド映画の曲で踊る!
    というのは日本初でしょう。マサラ上映でも実現したことのない規模で壮観でした。


    ▲【ボンベイドリームス】公式Twitterアカウントさんでは、
     3階客席まで総立ちで踊るマサラカーテンコールの様子をツイート。


    しかも、第4回のブログ記事で紹介したとおり、
    「マサラカーテンコール」では、事前にダンスレクチャーがあったわけでも、
    「みんな立ち上がってください。」とキャストから掛け声があったわけでもありません。
    唯一、1フレーズの振付を紹介したYouTubeビデオが、1本公開されていたのみです。
    公演前半では「合図がないと盛り上がらないのでは・・」というご意見もありましたが、
    自然発生的な本場インドのノリを大切に、そして誰も強制的に参加させられることなく、
    予想を上回る最高のカーテンコールとなりました。
    これは、シャカラカ・ベイビー♪をはじめとするARラフマーンのサウンドこそが、
    踊らずにはいられなくなる”インディアの魔法”だった、ということもありますが、
    インド映画と同様に、舞台を”応援しよう!”という、客席のアツい想いがあったからこそ
    実現したのだと思います。ミュージカル自体は和製カレーだったかもしれませんが、
    この日梅田芸術劇場は、スパイス香る本場インドの空気を感じることができました。

    ▲劇中のセリフにも登場した、ボンベイのタージマハルホテル。

    そして、何より私たちインド映画ファンが嬉しいのは、
    Twitterやブログなどで「【ボンベイドリームス】が楽しかったから、インド映画も観たくなった。
    という声が溢れていることです!
    東京12回・大阪4回公演が行われ、期間中延べ2万5千人以上のお客さんが
    共にインドを感じ、そしてインド映画の曲で歌い踊ったことだけでも快挙ですが、
    その中の何割かの皆さんが、さらにインド映画の世界にも入ってきてくれる−−、
    それを知って、この公演を応援してきてホントに良かったなぁ、と思いました。
    インド映画が今後もっと日本で浸透していくためには、
    こういった別カテゴリーの分野で「インド」をテーマとしたイベントが行われる際、
    もっともっと積極的に応援&相互交流していくことが、成功のカギになると私は感じました。
    早速2月21日からは、【フェラーリの運ぶ夢】と【女神は二度微笑む】が公開されますが、
    きっと【ボンベイドリームス】のお客さんもたくさん足を運んでくださる、と確信しています。



    さて、前置きが長くなってしまいましたが、
    最後のネタは、アカーシュでもプリヤでもなく、JKにします!(笑)
    インド映画では正義が勝ち、悪は滅びてハッピーエンド!となるはずですが、
    【ボンベイドリームス】では”最大の悪”であるJKは、なぜか「野放し」ですよね。
    実はこの「大ボスは倒されない」というのも、意外にもインド映画でよくあるパターンなのです。
    最初は「続編を作るため?」と思ったりしたのですが、インド映画で「続編」が作られるようになったのは
    ごく最近なので、実はその理由を未だに私もよくわからずにいます。
    皆さんよくご存知のマサラムービー【ムトゥ 踊るマハラジャ】でも、
    一番の悪役は最後「改心」するとはいえ、ヒーローに成敗されることなく終わります。
    他に、大ボスが倒されたとしても、ヒーローが直接手をかけないパターンも多いです。

    JKが野放しとなることによって、アカーシュとプリヤの2人、という狭い世界では
    ハッピーエンドを迎えていますが、実際のインドの黒い世界は、何ら変わることなく継続します
    それがストーリーにリアリティーを持たせていると同時に、
    プリヤが言う、1人1人が”変えていかなきゃ”というメッセージにも繋げています。
    またアカーシュは、最後怒りにまかせJKに対し「ぶっ殺してやる!」と叫びますが、
    結局一発お見舞いするものの、誰も手をかけず「悪のカルマ(=行い)」を背負うことなく
    すぐそばにある「自らのシャンティ」に、プリヤとともに帰っていきます。

    そう、【ボンベイドリームス】のストーリーは、まだ始まったばかりなのです。

    帰ろう すぐそばにある 温かな腕の中に
    The Journey Home
    取り戻せるだろう 直向な 憧れを


    ”希望”を手に入れた2人は、純粋で直向なあの頃に戻れました。
    この先、2人にとっての”真のドリーム”を実現させるには、
    アカーシュの最後の言葉の通り「とにかく大変だ」、
    きっと、様々な困難が待ち受けていることでしょう。

    でも、2人なら「やっていける」。
    そのサクセスストーリーは、
    【ボンベイドリームス2】で再び観ることができると信じて・・・!



    【ボンベイドリームス】応援ブログ、ご覧いただきありがとうございました!
    東京&大阪公演を無事に駆け抜けたキャスト・スタッフの皆さん、
    本当におつカレーさまでした!
    つたないブログではありましたが、これがきっかけとなって
    ボリウッドの世界に「飛び込んで」くださる方が増えれば、こんなに嬉しいことはありません。

    翼が あるから 掴むさ 大空
    飛び越え 飛び込むよスクリーン in Bollywood!!

    皆さん、インド映画の世界にようこそ!
    ரொம்ப நன்றி ,வணக்கம்.

     

    コメント
    コメントする








       

    ●カレンダー

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode